日本語対応OKなホーチミンのクリニック
2022年12月18日

日本の医療機関と遜色ないタイの病院と医療費の支払い

タイの民間の病院は、欧米から優秀な医師を数多く迎え入れるだけでなく、最新の医薬品や医療機器、医療技術を取り入れているのでJCIAの国際認定を受けている病院も多く、日本の病院と遜色が無いとされています。また、医療機関によっては日本語の通訳が常駐するだけで無く、日本出身の医師を数多く雇用している医療機関もあります。その為、日本よりも物価の安くより良い治療をより安く受ける為に訪れる日本人が増加傾向にあり、海外の患者をターゲットにしたサービスアパートメントを完備した豪華な医療施設もあります。しかし、タイの国立病院は、非常に安い医療費で済みますが、日本語が通じない上に待ち時間が長いので日本人の受診は多く無いのが現状です。

タイの医療費は、日本とは大きく異なり支払い能力が確認出来ない場合には、治療を行って貰えないケースも少なく無いので、キャッシュレスサービスを受けられる海外旅行保険や旅行傷害保険の確認に加え、取り敢えず医療費を全額支払える様にクレジットカードの海外旅行傷害保険を確認しておく必要があります。クレジットカードは、傷害治療や疾病治療に関してクレジットカードの枚数分は加算されるので1枚よりは複数あった方が安心です。又、現地で保険に加入することも出来、1カ月2、020bhtの在タイの邦人医療共済保険や日本人共済組合に加え、タイ勤労者向け社会保険などがあるので事前に調べておく必要があります。患者の住所を移転しない場合には、健康保険の海外療養費制度を利用する事が出来ます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です