日本語対応OKなホーチミンのクリニック
2022年12月9日

タイには日本語が通じる病院がたくさんある

タイには日本人観光客や移住者などもいることから日本語が通じる病院がたくさんあります。例えば有名なところですと、バンコクにはバンコク病院やバムルンラード国際病院、プララーム9病院(ラーマ9世病院)などがあります。タイのバンコクには日本人が多く訪れますので日本人の扱いに慣れている人がたくさんいて診察などもスムーズにすすむので便利です。ただし気をつけなければいけないのは診察を受けることはできますが、タイで日本人が診察を受ける場合は高額医療費がかかってしまうため、必ず海外旅行傷害保険に加入しておく必要があります。

また同じタイ国内であっても地方になると海外旅行傷害保険に加入していると言ってもその場でクレジットカードなどで支払いをしてほしいと言われることがありますから必ずクレジットカードを用意していくと良いでしょう。最近のクレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯しているものもありますので、そういうクレジットカードを持っているのであれば別途保険に加入しなくても問題ありません。ただその場合、カード会社によっては前もって旅行先の国の目的地や滞在日数などを申請しておかなくては保険を使えないという場合もありますので、そのへんは確認をしておくほうがいいです。日本語が通じるのはバンコクだけではなく、パタヤやシーラチャ、チェンマイやチェンライ、ホアヒン、プーケットなど主な観光地がありますので、あらかじめ確認をしておくといいです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です