日本語対応OKなホーチミンのクリニック
2022年10月3日

人間ドックは世代に応じて適切な検査を受けのが良い

昨今では健康ブームとなっていますので、人間ドックの受診者が増えていると言えます。人間ドック学会の発表では2011年の受診者はおよそ300万人で、自覚症状がない場合でも何らかの疾病の症状をあらわしていることもあります。万が一、人間ドックの受診によって異常の判定が出たときであっても、早期に治療を開始することによって完治できる場合も多いです。大腸がんや肺がんは重篤な病気であるということができますが、初期の段階で発見されたときには生存率は7割から9割ほどとなりますので、治療を行うことで改善されることが多いと言えます。

日本人の3人のうちの1人ががんを発症する時代となっていますので、三大疾病病に自分は発症しないということはできません。人間ドックの受診によって早期に発見して、病気が見つかったときには早期治療をすることがリスクを減らす正しい方法となります。人間ドックでは様々な検査項目があることになりますので、どの世代の人がどのような検査を受けるべきなのか把握しておこなければ、意味のない検査を受けてしまうことになります。30代の方が発症しやすい病気としては胃がんや大腸がんがありますので、30代の方の場合には消化器系の疾患について検査を行っておくことが大切です。

40代では飲酒や喫煙による影響が体に出始める世代といえますので、複数の臓器において受診しておくことが推奨されています。50代ではがんや心臓病、脳血管疾患をはじめとした基礎疾患が増える傾向がありますので、CTなどを使用した精密な検査を受ける必要があります。ホーチミンのクリニックのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です