切削加工の定義について

切削加工の定義は、工具を用いて金属などの材料を削ったり穴を開けたりする加工技術のことです。工作機械を使うことが一般的ですが、自分の手で切削加工する場合もこの定義に含まれます。切削加工に特化しているような高精度な機器を利用すれば、原則として作れない加工品は無いというくらい技術面高いものなのです。これらのなかには大きく2つの方式があって、1つめは加工するもの字体を固定させて工具を回転させる「転削」というものです。

逆に工作物を回転させる「旋削」と呼びどちらも回転させながら、削っていくという点に置いては共通しているといえるでしょう。転削にもさらにこまかな定義があって、有名なのはフライス加工と呼ばれるものです。フライス加工は回転軸に取り付けたフライス盤と呼ばれる工具を回転させることで行われる加工で、平面や曲面を加工できるほかに穴あけや溝を作ることが可能です。さらにこのフライス加工にも、手動で行う汎用フライスだったりコンピューターであらかじめ削る条件を設定して行うNCフライスというものなどに分かれます。

人の手で手動で行うと機会よりも精度や柔軟な加工が可能な一方で、作業員自体に熟練の技が求められます。一方の機械加工は条件さえ整えば量産が可能ですが、プログラム制御を誤ると大きな損失につながるため試作を重ねて行うことが肝要です。ほかにも旋盤加工と呼ばれる、円筒状の工作物を回転させて工具に充てるなど実は種類は多岐にわたります。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 定義Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website