切削加工の定義は何かを理解する

切削加工と聞くと金属加工をイメージする人が多いですが、必ずしも金属だけに限定されるわけではありません。木材やプラスチックでも切削加工はあるからです。しかし、一番多いのが金属加工なのでそのような印象を持つのでしょう。切削加工の定義は、素材を固定して削る、もしくは工具を固定して素材を削る。

更には素材に穴を開けることが含まれます。つまり、素材に対して工具を使って加工すると定義することが出来るのです。そのため、金属加工の会社では様々な工具や機械が使われています。最近では、自動化が進み機械である程度の加工が出来るようになっています。

若い人材を見つけるのが難しくなっていますので、自動化の投資が進んでいるのです。定義からすると木材でもプラスチックでも切削加工がありますが、木材を使った複雑な部品が作られることはありません。もちろん、伝統的な方法で木材を組み合わせることはありますが、そのような方法で作られる建造物は少ないです。プラスチック製品の場合は、原料を溶かして射出成形することが多いので削るという工程は少ないです。

削るとゴミが出ますし、材料のロスにつながります。そのため、プラスチック製品を削って加工することはほぼありません。定義から考えると加工するどの素材でも当てはまりますが、実際のところは金属加工でよく使われる言葉であることがわかります。切削加工の種類や問題などを知るとその魅力を感じることが出来ます。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 定義Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website