切削加工を行う工場での問題点と解決法

切削加工を行える機器を導入している工場では、金属でも木材でも硬質な材料も設計図通りに加工をすることができ、市販されていない特別仕様のパーツ類などを作り出す際に貢献をしています。旋盤やフライス盤などがありますが、マニシングセンタなど最先端の機器もあり、設計図を入力することで自動的に対象物に対して狂いを生じない加工を施せることはメリットです。ただし問題点に感じてしまうことはあり、切削加工では材料となる対象物を削ったりカットしたりすることを目的にしています。そのため、材料に対して加工をした際には、余計な部分は廃棄物になってしまうので、大きな金銭的なロスが生じてしまうことが問題点としてあげられます。

削り取った廃棄物の問題においては、切削加工でパーツ作りをする際には、できるだけ材料に無駄が出来ないように設計をしっかりと行うことが重要です。例えば特殊なボルトを製造する場面では、1つの金属の材料に対して最大数を切削加工で作り上げられるように工夫をする方法があり、この範囲は優れた機器を導入したとしても設計する人の判断によって影響を受ける部分なのでロス部分を最小限にすることは必須です。同一のボルトであってもマニシングセンタを使って製造するような際には、ボルトを全て同じ向きで設計をするのではなく、ヘッド部分を交互に並べる方法や、横に並べる方法だけではなく縦方向にも材料を無駄なく活用する方法は材料のコストのカットを行えるので工夫は重要です。完璧な設計図を1度作った場合は、後は無制限に同一のパーツを大量生産できるので、問題をクリアしながらコストカットに成功できます。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 問題Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website