切削加工とはその例について

切削加工は文字から素材を切って削る方法を連想しがちですが、別名除去加工ともいってその方法は多岐にわたります。叩いたり圧力を掛けるなどして変形させる塑性加工に対し、切削加工は素材に刃物を入れて形を作るのが特徴です。例を挙げるのは簡単ではないですが、例えば表面を薄く削って形を整える旋削、ドリルで決められた位置を貫通させる穴開け、内側を希望の形に削り取る中ぐりなどがあります。またフライス削りも切削加工の一種ですし、平削りという水平方向に削り取るやり方もその1つです。

似たような例に形削りもありますし、立削りやノコ引きも切削加工に数えられるので、改めて加工手段の種類が多いことが分かります。切削加工は形を出したり穴をあけるのが得意で、形出しは外側だけでなく内側も対象に含むことができます。溝を掘るような加工もできますから、素材にもよりますがネジやボルトを高精度に作り出すのも可能です。切れ味の良い刃物で一筆書きのように加工することは不可能なので、必然的に機械を使って少しずつ削り出すことになります。

その例にはプログラムした通りに加工できる旋盤や、回転する工具で削り出すフライス盤などがあてはまります。金型が不要なのでコストを抑えられますし、何より1mmを大幅に下回る高精度で形を出せるのが強みです。対象の素材にはアルミや樹脂、鉄やステンレスもあって、柔らかい素材も硬い素材も自由に削り、複雑な形も出すことができます。

Filed under: ビジネス/オフィス, , 切削加工Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website