切削加工のマシンを使ったパーツ等の事例は豊富です

切削加工で物作りをしている工場では、あらゆるパーツを作り出している事例があります。規格品ではないネジやボルト、ナットなどのパーツや、金属管を連結させる部分のアジャスターやソケット系、看板を設置する際に台座部分に使用するボルトを打ち込める土台など様々なパーツを探せます。切削加工では金属でも問題なく加工をすることができるので、ワッシャーやガスケット、シリンダーや円筒状の煙突部品などジャンルの幅も豊富にあります。これらのパーツは工業製品の品質を高める副資材としての用途が多いのですが、自動車のエンジンと周辺のパーツ、マフラーで使うパーツ類も殆どが切削加工の技術を使った事例になります。

一般的な方が目にすることが多い切削加工の事例の中には、金庫に用いられている蝶番やハンドル部分、ドアノブなどもあり、重厚感のある金属製のボールペンなども該当しています。役所関係や大きな商業施設に行くと、金属製の背の低めのポールがあり、チェーンなどを用いて人の出入りをさせないスペースを見つけることができます。医療機関などでも同じように採用されているものですが、ステンレス製で台座とポール部分が一体化しているものであれば切削加工にて製造されている事例です。実際には対象物は金属だけではなく木材やプラスチックに対しても加工を行うことができます。

この範囲での事例については木製ドアに刻み込まれた模様、木製の看板で模様や溝があり、文字部分を浮き上がらせるように仕上げている看板も多くが同様の加工法で製造されています。対象範囲は非常に広いので、アイデア次第で用途はいくつも考え出せます。

Filed under: ビジネス/オフィス, , 切削加工Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website