切削加工の方法の種類とそれぞれの特徴

切削加工は専用の機械を用いて、金属・樹脂を削りながら設計にそった形へと加工する方法のことです。金属製品を作る上で、最も一般的な加工法となっています。設計に従って材料の余剰分を削っていきながら成形するのが大きな特徴であり、そのことから除去加工とも呼ばれます。次に切削加工の手法の種類と、それぞれの加工法の特徴を見ていきましょう。

設計した製品の大きさや形・デザインに成形できるように、旋盤・フライス・穴あけ加工といった3種類の中から方法をチョイスして加工していきます。ターニングとも呼ばれている旋盤加工は、素材を回転させてそこに切削用の工具を当てながら削っていく方法です。文字通り旋盤と呼ばれる切削加工のための機械で素材を固定させて、バイトという名の工具により削ります。ボルトやピンといった部品、電子機器に幅広く用いられるコネクタなどの加工に用いられるのが特徴です。

フライス加工は、旋盤とは反対に刃の方を回転させて加工する方法です。英語圏ではミーリングと呼ばれ、日本語での由来ともなっているフライス盤に素材を固定して、高速回転を行う刃を当てて削り取っていきます。主に材料の平面・曲面部を加工する際に用いられ、箱状・板状もしくは角張った材料が対象となることが多いです。穴あけ加工はその名前が指す通り、素材に穴を開ける手法です。

工具を回転させて穴開けを行うため、ドリリングとも呼ばれています。ドリルで開けたのち、リーマなどを用いてさらに加工していきます。ボルトやネジといった工具類、固定部品であるシャフトホルダーなどの製品群の加工に使われることが多いです。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 特徴Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website