切削加工の特徴を理解する

加工する素材はいろいろありますが、切削加工の特徴としては基本的にどんな素材でも行うことが可能です。つまり非常に硬いダイヤモンドでもプラスチックでも基本的には同じということです。もちろん、材質によって加工が容易かどうかは別問題と言えます。そして、金型を使う必要がないので初期投資は少なくて済みます。

削る原材料と工具があればいいのです。また、加熱する必要もありませんので大きな設備も必要ありません。切削加工の特徴として、少数でも対応できる点です。そのかわり、大量に作っても金額はその個数分だけ増えることになります。

大量生産して安くなるということは少ないです。仮に大きな設備を投資して機械で削るようであれば、コストを下げることは可能です。切削加工の他の特徴としては、クライアントの要求に応じて表面の粗さを変えたり、精度を自由に変えることができるという点です。つまりメリハリのある加工が出来るということです。

精度を下げたり、表面が粗くてもよければ単価を安くすることが出来ます。もちろん、形状によっては出来ないモノがありますし、削りカスが出てしまうという問題もあります。大量生産が難しいですし、素材によってはきれいに仕上がらないというデメリットもあるのです。それでも、ものづくりをする上で機械では出来ないことがまだまだたくさんあります。

人間の手の感覚を機械が真似することは不可能です。確かに日本のものづくりの技術は高いです。切削加工の特徴のことならこちら

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 特徴Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website