製品づくりを支える射出成形とは

私たちの身の回りにあるあらゆる製品は、様々な技術を用いてつくられています。小さな部品1つとってもそれぞれに決められた材料があり、製造工程が存在するのです。射出成形とは金型を用いて行う一般的なプラスチックの成形法の一つです。製造の際は射出成形機という専用の機械で行い、材料にはポリプロピレンやポリエチレンといった材質からなる、米粒ほどの大きさの樹脂ペレットを使用します。

製造工程は、まずホッパーと呼ばれるタンクのような部分に材料となる樹脂ペレットを流し込みます。ホッパーからシリンダ内部に送られた樹脂ペレットはヒーターの熱によって溶かされます。スクリューの回転とともにシリンダ内部を進んでいき、溶かされた樹脂ペレットは金型へと射出されます。一定の時間をかけてゆっくりと冷却し硬化した樹脂は、金型から取り出され検査が行われて完成となります。

射出成形を行うメリットとは金型は一度試作すれば繰り返し使用することができます。そのためコストが抑えられます。一度に複数つくれる金型であればたくさんの成形が可能となり量産性にも優れているのです。仕上がりが美しく、仕上げの加工もほとんど必要としません。

小さなものから大きなものまでさまざまなサイズや形状のものに対応します。洗剤などの容器や自動車のパーツなど多くのものが射出成形によって作られているのです。射出成形とは幅広い製造の現場で必要とされており、便利な生活においてなくてはならない存在なのです。

Filed under: とは, ビジネス/オフィス, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website