金属を削る切削加工の意味を理解しよう

金属を加工したいと考えている場合には、様々な方法でその手段を考える必要があります。一般的に、金属は常温でそのままの状態だと加工しづらい状態です。耐久性が高く、人間の手の力だけではどうすることもできない現状だからです。切削加工は、機械を利用することによってこのような金属を削る技術のことです。

単純に削るわけではなく、目的に応じた最善の形を作っていくという意味でも、非常に大きな価値があります。実際に、材料の形状やサイズに応じて切削加工を行っていきますので、切削加工に用いる機器も変わっていいきます。切削加工は、その作業過程で大きく意味が異なる流れがいくつかあります。大きく分けると5つに分類できます。

外形と内部、穴あけとネジに関連する加工、そして抜きと呼ばれるものです。外形は、その名前の通り外側を形作っていくものです。見た目に変化を加えることで、その状態を変化させていきます。内部では材料の内側から状態を変化させていきます。

穴あけも似たようなものですが、これに関してはドリルで穴をあけるという物理的な違いが存在します。そして、ネジ加工ではさらに複雑な作業をしていきます。最後の抜きの切削加工については、他の手段と異なって一度の段取りで作業を行っていく方法です。これは、プレスを利用した一気に作業を行う手段とは異なって、丁寧に段差などを作ることができる意味があることから、製造コストは上がりますがより精度の高いものを作れます。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 意味Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website