切削加工の意味と新しいビジネス

切削加工とは工具などを用いて金属や木材を削ったり、穴を開けたりする加工技術のことです。切削加工には多くの種類がありますが大まかに分類すると、単刃工具を用いる方法と多刃工具を用いる方法があります。どちらも工具を用いており、切削とは工具を使って工作対象物から一部を切ったり削ったりするという意味です。金属を加工する人間は昔は鍛冶工と呼ばれ、日本の製造業を支えた重要な基盤加工技術でした。

現代は肉眼では見えないほど小さな部品を、コンピューター制御によって削り出す日本の微細切削加工技術が世界中から注目されています。設計現場でもコンピューターによるデザインで、より複雑な加工が指示できるようになりました。人工衛星や内視鏡等医療機器といった微細な大きさが求められる業界で、新しいビジネスチャンスとして切削加工は再注目を浴びているのです。しかしながら従来から経営する切削業者は設計現場との完全分離体制や、海外の安価な労働力による市場拡大で窮地に追いやられています。

そこで廃業した切削工具業者から入手した、品質の高い切削工具などを通販するECサイトなどが評判です。高額で入手しにくい工具がないため稼働できない切削業者を助けるため、こういったECサイトの存在はとても意味があります。また切削加工の意味やコツをわかりやすく解説したハウツー本や動画配信なども増えており、切削業界の新しい保全方法として注目度の高いビジネスです。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 意味Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website