切削加工の意味について

切削加工は、金属に硬い金属の刃物を当てることで、削る行為をする加工方法です。刃物の種類はたくさんあり金属や花押する形状に応じて使い分けます。切削加工に使われる刃物の種類として、穴加工をするドリルやボーリングがあります。表面加工をするのは、エンドミルやミーリングツールがあるのです。

ねじを加工するためにはバイトや模様をつけるのはローレットです。それぞれの刃物には切削加工において狙いの形状を実現する意味があるのです。刃物をコントロールすることで切削加工が初めて実現します。機械の種類も様々で、平面加工をするのがフライス盤です。

丸い形を加工するのが旋盤となります。穴あけやねじ加工をするのがボール盤です。それぞれの機械は能力を増したスペックもあります。例えば、旋盤で穴加工をすることができますし、フライス盤でも同様です。

これは、刃物の使用方法によって実現することを意味しています。複合加工をすることも可能です。フライス盤と旋盤を同時にすることができる工作機械やフライス盤とボール盤を統合した機械もあります。さらに、手動で加工するだけでなくNC加工といって数値制御によって自動的に加工することも存在します。

切削加工の最適な工程設定は、これらの工作機械と刃物をうまく使うことで最短の時間と高品質を実現することを意味します。工程設定が効率的な生産を実現するカギとなるのです。加工メーカーによって様々なノウハウを持っています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 意味Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website