製品の状態に大きな影響を与える切削加工は条件が大事

工具などを使用して、対象となる工作物の不要部分を除去し、希望する形状のモノを意図的に作成する加工方法のことを切削加工といいますが、この加工方法にはメリットもデメリットも存在します。メリットとしては、他の除去加工方法よりもコストを抑えることができ、低価格な材質のものからダイヤモンドまで幅広く用意されたの材質の工具によって、基本的にはどのような材料も加工できるということがあります。また、工作物を加工する必要がないことも設備投資やエネルギーの削減につながるメリットといえます。デメリットとしては、大量生産には適さない製品があったり、きれいに仕上がらない材料もあることです。

切削加工はミクロ単位の細かな作業になるため、製品に悪い影響を与えないように細心の注意が必要です。加工の際に注意すべき条件には、温度や加工速度があります。一般的に物体は温度が上昇すると膨張するため、加工時に発生した熱の影響よって加工物が変形し、本来完成すべきモノとは違う形のモノが仕上がる可能性も出てきます。加工時間が長くなればそれだけ加工物が熱を受けている時間も長くなるということなので、熱によって形が変わってしまう可能性も高くなります。

切削加工は設備や環境などの違いによって、製品の出来具合に大きく影響を与える加工方法です。業者を選ぶ際には、生産速度や工具の寿命を絶えず頭に置き、最適な環境や設備が整っているところをじっくりと検討しましょう。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 影響Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website