切削加工は全体の影響を考えて行う

切削加工を行う際には、全体の影響を考えて慎重に行うことが重要です。特に、細かな加工を行うことが多い切削加工では、部品同士を組み合わせるなど最終的な調整の際に行うことも少なくありません。そのため非常に微細な寸法合わせなどを行うことが多いのですが、この際には状況を逐一確認しながら慎重に行わないと、削りすぎといった問題を生じることになり、様々な大きな問題を招くことになるため注意が必要です。特に切削加工で発生しやすいトラブルは、作業工程で発生した樹脂などのバリをきれいにしようと加工を行った結果、その部分が大きくえぐれてしまいこの部品が使えなくなってしまうと言うトラブルです。

バリが大きい場合などは、特に迅速に作業をしようと様々な機械工具を使用することが少なくありません。しかしその場合には細かな切削加工をすることができず、削りすぎとなってしまいその部品を使用不能とする事態を招くことも多いので注意が必要です。この場合には新たに部品を作り直すことになり、特に樹脂製の場合にはこれらの製造工程からやり直さなければならないため、時間的な面だけでなくコスト面でも大きな影響を及ぼしてしまいます。このような影響を避けるためには、状況に応じて工具を使い分けることが大切です。

慎重な作業を行う際には電動工具に頼らず、時間をかけてでもヤスリなどを利用して様子を見ながら削ることが大切になります。用途に応じて工具を使い分け、その影響を十分に予測して作業を行うことが、切削加工を効果的に行う上で非常に良い方法となっています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 影響Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website