切削加工は速度や熱が影響します

切削条件の影響について切削速度があげられます。速度の違いによって工具の寿命が変化し、速度の上昇に伴い切削時における温度が上昇します。速度の違いは原材料の種類などにも関係しており、最適な工具を選択することが大切です。低速の速度の場合、びびりが発生することもあるので工具の寿命に悪影響を与えることがあります。

熱や剛性による影響もあり、温度が上昇すると熱変形することもあるでしょう。機械の稼働による温度上昇と、加工時の発熱から熱変形することも多いです。現場においては熱変形が発生しない温度をキープすることが必要で、加工時間が長くなると機械の発熱によって原材料の温度が上がるので熱変形するかもしれません。切削加工の測定室において加工中の温度をチェックすることが求められます。

切削加工を行う場合、工具や原材料の剛性について加工精度に変化を与える場合があります。剛性は物体に力が加わった際、変形に反発する力が発生する現象です。剛性は動剛性と静剛性があり、動剛性は力が作用する方向が変わる状態です。静剛性は力の作用する力や方向が一定状態の際発生するものです。

ミクロ単位の加工を行う際には注意が必要になるでしょう。送り量の大きさも工具の寿命や仕上げなどに関係していて、送り量は旋盤における主軸1回転毎の刃の移動距離です。送り量はどんな仕上げにするかによって、最適値の設定が必要です。送り量が大きい場合、加工能率や精度などが上昇しますが、切削加工温度が上昇することにより逃げ面摩耗も大きくなります。

送り量が小さい場合、逃げ面摩耗が大きくなるので、工具の寿命が激減します。切削加工の影響のことならこちら

Filed under: ビジネス/オフィス, 切削加工, 影響Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website