射出成形が工場の生産性を高める仕組みについて

製造業を営む多くの企業にとって、生産性を向上させるには人材不足の解決が大きな課題です。各工程に必要な人員が集まらないと、製造のペースを上げることができなかったり一部の工程に負荷がかかったりします。慢性的な人材不足が続き個々のスタッフの負担が大きくなると、離職率も高くなる可能性があります。離職率が高いと熟練のスタッフが少なくなるので、製品の品質を維持するのが困難です。

一部の工程に過度な負荷がかかる場合には、残業代などで人件費が高くなるというデメリットも存在します。製造業を営む企業がプラスチック製品を大量生産するには、射出成形の仕組みを使うことになります。射出成形は金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術で、製造業の現場では機械が使われています。機械にはスタッフが手動で操作するものと、コンピュータが加工条件を自動的に制御するものがあります。

前者は操作するスタッフに高度な技術や経験が求められますが、後者は初心者でも高品質な製品が作れます。射出成形機の仕組みを理解し状況に応じて最適なタイプを選べば、スタッフの負担を減らして業務を効率化できます。慢性的な人材不足に悩んでいるのであれば、コンピュータが加工条件を制御するタイプを導入するとよいでしょう。このタイプは成形速度や圧力の他にシリンダーや金型の温度、射出量などを自動的に制御する仕組みになっています。

高度な技術や豊富な経験を持つスタッフでなくても、均一で高品質な製品を素早く大量に製造できます。

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website