企業の業績改善に役立つ射出成形の仕組みとは

射出成形は金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術であり、高品質な製品を素早く大量生産できます。この仕組みを使うと製品1個あたりの価格を安くすることが可能なので、業績改善に役立ちます。企業が業績を向上させるためには、高品質な製品をリーズナブルな価格で提供しなければなりません。市場には同じような製品を扱う企業が多数存在するので品質や価格、納期が競争に勝ち抜くための鍵となります。

射出成形の仕組みには、高品質な製品を低コストで製造できるだけでなく納期も短くなるというメリットが存在します。製造業の現場では手動で操作するタイプや、コンピュータが自動的に加工条件を制御するタイプの機械が使われています。いずれも基本的な仕組みは同じですが、前者は熟練のスタッフが作業を行うと精緻な造形を作ることができます。後者は加工の速度や圧力、シリンダーや金型の温度など様々な加工条件をコンピュータが自動的に制御します。

このタイプの機械を使えば、初心者でも一定水準以上の品質を備えた製品を作ることができます。射出成形機には材料を投入して溶かす射出部と金型を装着する型締め部の他に、加工条件を制御するコントローラーが存在します。どのようなタイプの機械にもこの3つの部分があり、加工を行う基本的な仕組みは同じです。射出部で溶かされ300度ほどになった材料は噴射ノズルで金型内に注入され、20度から100度ほどのオイルや水で冷やされ固化します。

適切な型締め力を備えた金型を使うと、バリの発生を抑えて高品質な製品に仕上げることができます。

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website