射出成形でプラスチック製品を作る仕組み

射出成形は熱によって溶かしたプラスチックは樹脂を、金属でできた型に流し込み、加熱あるいは冷却をして固める仕組みです。型は一度作ってしまえば何度でも使い回しができる上に、固める時間もそこまで長くはありません。そして型の精度が高ければ、樹脂はその型通りの仕上がりになります。そのため複雑なデザインを量産することに向いている仕組みです。

基本的に型を作って溶けたプラスチック樹脂を流し込み、それを固めることさえできれば、射出成形ということになります。そのため簡素なケースに注射器などを使ってプラスチックを手で注入して、固めるということも不可能ではありません。ただそれだと効率が悪い上に、精度も高くないので、射出成形機という専用の機械を使用します。射出成形機にはプラスチックを溶かして流し込む部分と、型を固定する部分の2つに分かれています。

プラスチックを溶かす方はペレットという小さな粒状になった樹脂を、回転によって押し出す仕組みとなっています。その回転の途中で熱を加えて、溶かしていきます。型を固定する側の仕組みは比較的シンブルで、型を開閉する動きが基本となります。型を閉じて強い力をかけた後、溶けたプラスチックを流し込み、固まったら開きます。

その射出成型機はコンピュータで管理されていることが多く、一連の動きの大部分は自動で完了します。一部は人の手が入らなければならないところもありますが、負担はそこまで大きくありません。

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website