樹脂部品製造で貢献している射出成形とは

日常生活において樹脂部品が多く見受けられます。飛行機の室内や自動車の室内、建物など、我々が生活する空間において樹脂部品はよく使われています。それらを安価で大量に精度が良いものを作るために不可欠となるのが、実は射出成形という技術です。本技術は歴史があり、日本の大企業から町工場まで多くの現場で使用されている技術で、製造メーカーの人間にはなじみがある言葉です。

射出成形とは高温に加熱して流体にした樹脂を金型に高速で流し込み、冷やすことで成形を行う技術です。複雑な形状のものでも短時間で大量に作ることができるため、自動車部品の量産などで活用されています。金型とは文字通り金属の型のことで、この寿命が製品の値段に繋がってくるため、設計時には金型を長く持たせることができることと、機能の両面を成立させることに苦心しています。また射出成形において製造方案をしっかり考えることも同じくらい重要です。

製造方案とは、射出速度や材料の温度、金型の冷やし方等の製造時のさまざまなパラメータを定量的にある一定の幅を持たせて細かく管理することです。樹脂部品が精密機械に使われるようになるに従い、その形状寸法の精度が厳しく要求されるようになっており、求められる技術力はますます高くなっています。軽量化の面でも樹脂は注目されており、樹脂部品の活用はこれからも増えていくことが予想されるため、射出成形は今後も世の中で注目される技術の1つです。

Filed under: とは, プラスチック, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website