物作りを支えている射出成形の技術とは

射出成形とは、字のごとく射出して成形する加工方法です。何を射出するのかというと、プラスチック(合成樹脂)などで、これを溶かしたものを金型に入れて成形しています。詳しくいえば、ペレット状のプラスチックなどをホッパーに投入し、シリンダー内で温めて液状化します。樹脂は流しやすいように溶けており、ノズルから金型に流し込まれる様が注射器に似ているため「射出」と呼ばれています。

金型内で固まったものは型を開いてはずされ、仕上げの工程へと進みます。射出形成を行う機械には「射出部」と「型締部」の構造があります。「射出部」ではペレットの液状化と金型への流し込みをするのが役割です。一方、「型締部」では金型をセットし、成形を行っています。

この工法では一度に大量生産が可能で、型によってあらゆる形状の製作も可能なところが特徴です。現代の物作りにおいて、射出成形の技術は不可欠なものとなっています。不可欠とはどういうことなのか、それは様々な道具や製品の成り立ちにこうして作られた部品が使われており、欠かせないパーツとなっているからです。射出成形とは、溶かして型に流し、固めてはずして仕上げる工程の物作りです。

単純な形から複雑なものまで、幅広い製品に役立つパーツを作り、日本においても世界においてもなくてはならない技術となっています。近年ではCNC化された機械の普及がすすみ、射出のスピード化が可能となっています。機械の制御もコントローラが行い、高度な技術が我々の社会・生活を支えているのが実状です。機械の正確さとスピードが射出成形の精度をさらに進化させています。

射出成形とはのことならこちら

Filed under: とは, プラスチック, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website