射出成形の方法について

射出成形(しゃしゅつせいけい・InjectionMolding)とは、金型(Mold)を用いた成型方法の1つで合成樹脂(プラスチック)などの材料を加熱し溶かしたものを射出圧を加え金型に注入し冷やし固めることで成形し製品にすることで、複雑な形状の製品を大量に生産するのに適した方法になります。他にインサート成形・インジェクション成形と呼ばれる場合があり、その機械のことを材料を射出する部分と成形する部分から構成されているので「射出成形機」と呼び、射出成形の工程を大型・小型に関わらず1台で処理することができます。射出成型の方法は大きく分けると型締め・射出・保圧・冷却・型開き・製品の取り出しと6つ工程があり、装置は型締めユニット・コントローラー射出ユニットの3つからできており、コントローラーは形成条件を制御する装置で、最近ではNC化(NumericalControl)が進み射出成形の速度や圧力・シリンダー温度・金属温度・材料の射出量などを自動コントロール制御し、射出ユニットは材料を投入するホッパーから加熱するシリンダー・噴射ノズルなどを含む注入装置を指し、金型の開閉をし材料の突き出しを行う装置が型締めユニットとなり、加工物に耐える力があるかを事前に確認することが必要となります。成形方法は、材料をシリンダー内のスクリューでかき混ぜ温度を均一にし射出した後一定の圧力を加え冷却をするのですが、溶けた樹脂は300度くらいの温度のため20度から100度の水を巡回させ固化させ、金型を開きエジェクターピンで押し出し取り出します。

日常生活に欠かせないプラスチックのほとんどがこの機械で作り出されているとは驚きです。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 方法Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website