射出成形はどのような方法で製品を製造できるのか

現代の生活には実に多くのプラスチック製品が存在していて、その用途も多種多様になっています。プラスチックのメリットは軽いのに耐久性があり、大量生産できることで価格が他の材料を使ったものよりも安価であるという点でしょう。この低価格を実現しているのはその製造方法が大きく関係していて、他の原材料では得られない利点があるからです。プラスチックの原料は石油であり、これは焼却すると石油のような燃焼を生じることから理解できます。

この石油を化学的な処理をすることで小さな粒状のペレットという物体になり、このペレットを射出成形という方法を用いて高温で融解させたものを金型に注入させ、それを冷却すると特定の形状に固定できるという仕組みになっています。ペレットが融解すると半液状な状態になるため、金型という入れ物に注ぎ込めばその形状を作れるというのが基本的な構造です。射出成形はプラスチック製品を作るには不可欠な機械ですが、その理由はペレットには複数の種類があり、その種類に適切な温度で保温しなければ適切に融解しないのが理由になっています。また、金型は金属製で温度が低いと注入されたペレットがすぐに固まって求めていた形状にならないので、この金型も保温しなければいけないことから専用の機器が必要になっているという理由です。

射出成形は技術の進歩で扱いやすくなっていますが、その原理や方法は大きく変化していません。これからも人類がプラスチック製品を使うのであれば、この射出成形は継続して使用されていくでしょう。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 方法Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website