射出成形により任意の形状の製品を作る方法とは

プラスチックなどの樹脂を材料とした製品は、私たちの生活には欠かせない存在になっています。スマートホンやパソコン、ドライバーやハサミの握り部分、自動車の内装パーツなどが樹脂でできていているものです。こうしたものは平面ではなくて、湾曲していたりカーブを描いているものがほとんどであります。メーカーはこのような部品を生産する際には、平板の材料を熱により変形させて手作業によって曲げ加工することをこれまでしてきました。

加工には時間がかかる上に、手作業では昼夜を通して行うには多くの人を雇う必要がありました。また、依頼者の要望が変わるたびに、作業工程を見直す必要も発生します。射出成形は、これまでの常識を覆す生産方法であります。原料となるペレットと呼ばれている樹脂を高温で溶かして液状にし、金型に向けてノズルから圧力をかけて注入します。

しばらくしてから冷やせば、金型通りのパーツを大量に生産可能です。一度金型を製作すれば、同じ形状のものを大量に短期間で作り出すことができるのが射出成型装置であります。形状の変更は、金型の仕様を変えることで臨機応変になされます。作ろうとする部品の大きさや形状によって、最適の温度や抽出速度とすることがこの方式の生産方法の重要な点と言えます。

樹脂だけでなく、金属であるマグネシウムなどを原料とする射出成形装置も開発されていて、部品の多様化がさらに進んでいます。身の回りにあるスマートホンやタブレット端末、自動車の内装などは、こうした射出成形の方法を用いた知恵の結晶であると言えます。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 方法Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website