プラスチック加工に用いられる方法の射出成形

日常にありふれたプラスチック製品ですが、大量生産品の多くに射出成形という加工方法が用いられています。これは、溶かしたプラスチックを金型に射出して冷やして固め、取り出すという加工方法です。金型を作ると後は同じ物を機械で大量に作ることができます。手作業で行う必要がないのでコストも抑えられますし、液体で溶かすことで様々な形状に合わせられるので、例えば細かい部品などを作るのにも向いています。

プラモデルもこの方法で作られていますが、細かいパーツが多いことを考えると、この特性をイメージしやすいでしょう。プラスチック製品射出成形で作りたいなら、加工業者に依頼して作ってもらうことができます。射出成形は金型に流し込むので金型を作らなければなりません。金型自体は作るのにコストと時間がかかるので、初期投資コストは高くなります。

しかし、大量生産をすればその元は取ることができるので、大量生産する場合に最適です。もちろん、コストを気にしないのであれば、部品の形状を様々に合わせられるという特性があるので、少数生産にも使うことが可能です。この加工方法には専用の機械が必要になり、その値段は高いです。したがって、自前で設備を整えるのは大変です。

しかし、加工を請け負う会社の場合は設備を持っていますし、自分で整えるより質も高く安く依頼できるので、全くノウハウがない状態から始めるのであれば、加工を外注するのが良いでしょう。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 方法Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website