射出成形のガス抜きの方法とは?

プラスチック樹脂材料を用いた射出成形加工は、射出成形の際にガス化した樹脂成分および添加剤などが金型に付着してしまい、これをそのままにして成形を繰り返すと堆積して加工品の品質が悪くなることも少なくありません。これは、ガス汚れと呼ばれる金型に付着している堆積物が成形品側に付着してしまえば外観不良の原因になりますし、金型自体もガス汚れで開閉が容易にできなくなってしまう、可動部の動作ができなくなるなどのリスクもあります。現状での対策方法としては、定期的な金型洗浄といった方法のみになりますが、生産のストップや人手による洗浄など効率が悪いしコストも多く必要になるなどのデメリットもあります。生産をストップできない、人手によるコストをかけることができない、このような製造現場は多いわけですが、発生したガスを効率的に排出する目的で射出成形機のエジェクタ制御を使いガス抜きを行うなどの方法に注目が集まっているようです。

型締めを完了したと同時にエジェクタ板を前進させて射出を開始、エジェクタの前進によりキャビティ内に露出しているガス抜きピンのガス抜き溝から金型の外側にガスを排出させます。樹脂の充填がガス抜きピンに近づいた段階で流入しないよう、エジェクタ板を元の位置まで移動させ樹脂材料が完全に充填されて、冷却・型開き・製品の突出といった流れで行うやり方もあるなど、その方法は射出成形機のメーカーにより様々な手法が用意されています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 方法Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website