射出成形方法について

世の中で売られている様々な製品は、当たり前のことですがそれぞれに一定の形があります。原材料はいろいろありますが、それを何らかの方法で加工し、最終的な形に仕上げて始めて製品として出荷できるわけです。この加工法は種々存在しますが、射出成形とはその一種で、現代社会では非常に広く使われています。具体的な射出成形方法ですが、まずは製品の型枠を用意します。

これは金属で作られることが普通で、その型枠内に液体を流し込んだ際に、立体的に見るとその液体部分が即ち求める製品と同じ形、同じ大きさになっているように作成されます。もうこの説明だけでだいたいのイメージは分かったことでしょう。つまり、ある種の金属やプラスチックのように、加熱することで液状になり、冷えると固まって固体になる性質を持つ物質があります。このような材料を用い、型枠内には加熱して液状になったものを流し込みます。

ある程度の時間をおき、冷えて固まったところで型枠を取り外して中身を取り出せば、欲しい製品が完成していることになるわけです。これが射出成形方法になります。型枠は繰り返して使うことができますから、大量に均一の製品を作るのに非常に適しています。この説明で理解できるように、用いることができる材料の種類は限られます。

例えば木材とか布、革などは、加熱しても液状になりませんからこの方法では作れず、多くはプラスチック製品になりますが、プラスチックは世の中で広く用いられているのは知ってのとおりです。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 方法Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website