射出成形のメリットとは

射出成形とは、プラスチック加工の最も代表的な方法です。聞きなれない名前かもしれませんが、スマートフォンやパソコンの部品、電化製品のパーツなど身の回りにあるプラスチック製品の多くは射出成型によって作られています。射出成形では、加熱して溶かした材料を金型に流し込み、冷却し固めることで目的の形状を作り出します。この方法が使われるのは多くのメリットがあるからです。

まずは量産性にすぐれていることです。一度金型を製作すれば必要量に合わせて成形量を調整することができ、金型一つに複数分の枠が彫ってあれば一度の射出でいくつもの製品が製造できます。また、さまざまなサイズ、形に対応することも可能です。小さいものではスマートフォンなどの部品、大きいものでは車のバンパーなどまで射出成形で作られています。

さらに、射出成形の仕上がりはほかの方法に比べて美しいため、仕上げ加工が少なくてすむというメリットもあります。加工後にさらに人の手が取られる時間が少ないということで、これも量産性に優れる点の一つとも言えます。初期投資として、製品に合わせた金型の製作が必要となりますが、一度製作してしまえば連続して、大量にかつ素早く加工ができるため、非常に生産性の良い加工方法と言えます。プラスチックを加工する方法にはさまざまな方法がありますが、中でも射出成形は最も汎用性・応用性に優れ、仕上がりの品質も非常に高いというメリットのある加工方法となります。

Filed under: ビジネス/オフィス, メリット, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website