射出成形のメリットとは?

射出成形とは、金型を使用する成形法の一種で、主にプラスチック製品の製造に用いられています。プラスチックの材料となる合成樹脂を加熱して溶かし、金型へと流し込むことで目的の形状を得るという手法で、金型へと流し込む工程が注射器で液体を注入する行為に似ていることから射出成形と呼ばれています。また、プラスチックの加工方法にはいくつかありますが、射出成形は高い生産性を誇るというメリットがあります。切削加工のように材料を削るのではなく、材料を金型へと流し込む手法なので、一定時間の間に同じ精度の製品を連続して大量に製造することが可能です。

製品によっては数秒程度で加工できるほど高い生産性を誇りますが、近年の射出成形機は精度が非常に高くなっており、複雑な形状でも高精度に加工することができます。加えて、加工後の仕上がりがきれいで、後加工の必要がほとんどないのもメリットのひとつです。一方で、製品に合わせた金型の製作が必要なので、初期コストが発生します。金型の製作費は決して安いものではなく、金型が完成してからでないと生産作業が開始できないというデメリットもありますが、金型を一度製作してしまえばその後は材料費のみで加工することが可能です。

生産量が多くなるほど製造コストが安くなるので、射出成形はプラスチック製品の大量生産する際に活用されることが多く、日用品や電化製品、自動車部品など様々な製品の製造で利用されています。

Filed under: ビジネス/オフィス, メリット, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website