熱エネルギーを利用して脱毛処理を行う

医療用のレーザーが体毛を処理する仕組みは、それを患部に照射することによって高度な熱エネルギーを作り出すことができるからに他なりません。

レーザーはメラニン色素に反応するとそのメラニン色素に対して強烈な熱エネルギーを放出します。細胞というのは一定以上の熱を浴びると細胞そのものが破壊されてしまいますので、この原理を利用することによって体毛だけを都合よく破壊していくことができるようになります。

実際に、熱エネルギーが出ている証拠にこうした処理を進めていく時には少しだけ痛みが生じることになりますが、この痛みは回数を重ねていくうちにどんどん小さくなっていきます。本来は手術を重ねるごとに同じ作業をすると痛みがきつくなりますが、医療用のレーザーは体毛にしか反応しませんので、熱エネルギーを発生させることができる体毛がなくなっていくとそれだけ患部で熱が出てくる割合が小さくなるので痛みがなくなっていくわけです。

ですから、医療脱毛のように何度も施術を行って状態を確認するときには、この痛みの状態によって体毛の状態を患者本人が容易に確認できるようになっています。それまであった小さな痛みがなくなった段階で、皮膚に存在していた体毛が完全に消滅したことを意味しますので、この段階で施術が終わることになるのです。だいたい、医療用の脱毛処理では複数回施術をすることが普通なので、肌の負担を減らしつつ、施術後には必ずアフターケアも行いますので安全に脱毛をすることが可能です。
名古屋のVIO脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *