射出成形の仕組みとは

射出成形は金属でできた型に、溶けたプラスチック樹脂を流し込んで形を作る方法です。基本的にはあらかじめコストをかけて金属の型を作っておいて、その型は何度でも繰り返し使用することができます。そうして量産して、型の分のコストを回収する仕組みです。金属の型は職人の手によって作れる他、コンピュータによってデザインするという方法もあります。

いずれの場合も、複雑で精巧な形を作り出すことができます。したがって射出成形では、複雑なプラスチック製品を量産できるわけです。射出成形を行うためには専用の機械を使用し、型を固定する部分とプラスチックを流し込む部分に分かれます。プラスチックを流す部分は、ペレットと呼ばれる小さな樹脂の粒になっている素材を、熱によって少しずつ溶かしていく役割もあります。

そしてプラスチックは溶けたとしても、ある程度の粘度を維持しています。水のようにスムーズに型に流れ込んでくれるわけではないので、高い圧力によって送り込まなければなりません。もし圧力が弱ければ、不十分な形となってしまいます。そのため流し込む部分の内部はスクリュー状になっていて、強い力で送り込める仕組みがあります。

型を固定する側はその圧力に負けないよう強い力で固定すると共に、プラスチックを固める仕組みも持っています。大抵のプラスチックは冷却されると固まりますが、中には逆に加熱することで固まるものもあります。どちらを選択するのかは、素材次第です。

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website