低コストで大量生産が可能な射出成形とは

射出成形とは低コストで素早く大量にプラスチック製品を製造できる技術です。この技術を活かして作られている製品にはスマートフォンやパソコン、テレビや自動車の部品などがあります。DVDやブルーレイディスク、洗濯機やドライバーの取手などを作るのにもこの技術が使われています。射出成形とは複雑な形状のプラスチック製品を製造できる技術であり、日常生活を支える様々な製品を作る上で不可欠な存在です。

製造業の現場では主にコンピュータ制御された射出成形機を使って加工が行われています。射出成形機にはコントローラーと射出部、型締め部という3つの部分が存在します。コントローラーは成形速度や圧力、シリンダーの温度など様々な加工条件を制御する装置です。この装置はNC化が進んでおり、スタッフが手動で作業を行う場合よりも高品質な製品を効率的に作ることができます。

NCはNumericalControlを省略したもので、日本語では数値制御と翻訳されています。コンピュータによる加工条件の自動的な制御は、熟練工でなくても高品質な製品を作ることを可能にしました。射出部のホッパーに材料である合成樹脂を投入し、シリンダーで加熱して溶かします。溶けた合成樹脂は噴射ノズルから型締め部の金型に注入され、一定の温度で冷やされます。

金型には強い圧力がかかりますが、十分な型締め力があればバリの発生を抑えることができます。溶けた樹脂は300度近くの高温になっており、金型内を巡回する20度から100度のオイルや水で冷却して固化します。射出成形とは効率的にプラスチック製品を作るための優れた技術であり、製造業の現場で広く採用されています。

Filed under: とは, ビジネス/オフィス, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website