様々な優れた特徴を備えた射出成形とは

射出成形とは金型を使い、プラスチックなどの合成樹脂を様々な形状に加工する技術です。金型には可動部分と固定部分があり、前者を後者に近付けて注入した材料に圧力をかけます。可動部分を固定部分に近付け、金型を閉じて圧力をかけることを型締めと呼びます。射出成形とは溶けた合成樹脂を金型に注入し圧力をかけて様々な形状を得るための技術であり、プラスチック製品を製造する上で欠かすことができません。

金型を導入するには一定のコストがかかりますが、一旦製造すれば材料を揃えるだけで加工が可能になります。射出成形とは複雑な形状のプラスチック製品も素早く製造でき、コストパフォーマンスが優れた技術です。金型の導入コストは変わらないので、生産量が増えるほど製品1個あたりのコストを安くできます。射出成形機を使えば、高品質で低価格なプラスチック製品を迅速かつ大量に製造できるようになります。

スマートフォンやパソコン、テレビや自動車など日常生活を支える様々なものにはプラスチック部品が使われています。これらの部品を製造する現場では射出成形機が活躍しており、最近では加工条件をコンピュータが制御するタイプが主流です。コンピュータが成形の速度や圧力、シリンダーや金型の温度の他に射出量などを自動的に制御してくれます。手動で高品質な製品を製造するには熟練の技術が必要になります。

コンピュータが制御する機械を使えば、豊富な経験や高度な技術がないスタッフでも一定以上の品質の製品を作ることができます。

Filed under: とは, ビジネス/オフィス, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website