射出成形は種類が豊富なことも特長

射出成形とは様々な材料をあらかじめ溶解し、これを専用のノズルから外部に射出することでいろいろな形状を実現することができる技術です。近年の材料加工技術の中では最も広く用いられているものであり、さらに様々な種類があるため材料や用途に応じて使い分けることで、複雑な形状も実現できるのが特徴となっています。射出成形はノズルから材料を射出するイメージがあるため、そのノズルの形状によって成形をするものと言うイメージを持つ人が少なくありません。しかしこれには様々な種類があり、あるいは他の方法と組み合わせることによってもより高い効果を得ることができます。

射出成形の種類の中には、金型を利用するものも少なくありません。通常を金型に直接流し込む方法では複雑な形状を実現する事は難しく、特に細かな金型の部分に材料が入り込む前に固まり始めてしまうため、これまでは非常に難しいものとなっていましたがこの金型に材料を圧力をかけて射出することにより、複雑な形状の金型の隅々まで材料が行き渡ることになります。さらに短時間で多くの材料を射出することができることから、材料が固まり始める前に必要な分量を流し込むことができることから、成形のムラが少ないのも特徴となっています。射出成形にはその使い方によって様々な種類があり、これらの特性を理解することでいろいろな形状を実現することができるため、様々な場面で利用される技術となっているのが特徴です。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 種類Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website