射出成形は種類を知って効果的に利用するのが秘訣

射出成形と聞くと多くの人はノズルから勢い良く材料を射出する方法であると理解していることが多いものです。しかしこれだけでは成形をすることができず、本来のメリットを引き出すことができません。射出成形は射出した後の処理によってその形状を変化させることができるため、これらの組み合わせによって様々な形状を生み出すことができるのが特徴であり、この種類と特性を十分に理解して効果的に利用することが秘訣となっています。射出成形は金属のテープなどを製造する際にも非常に効果的なものとなっており、切削加工では実現できない非常に薄いテープなどを製造することができます。

この場合にはノズルから射出した金属を回転するドラムに当てることにより、金属がドラムに接触した瞬間に固まり、テープ状になって送り出されるという仕組みを利用したものです。ノズルから射出する量とドラムの回転速度によってその厚みを制御することができるため、非常に薄いテープも簡単に製造できる仕組みとなっています。射出成形はその他にも金型を利用したり、その他の方法と組み合わせることで様々な種類の形状を生み出すことができます。その種類は今後も増えていくと予想され、必要に応じて様々な種類の方法が開発されていくものであることが特徴です。

近年では金属だけでなくさらに整形が難しいプラスチックやその他の材料にも応用されており、様々な用途に利用されるようになりました。射出成形はその組み合わせによって、可能性が広がる成形技術となっています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 射出成形, 種類Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website