射出成形の仕組みはどのようになっているのか

現代の生活には実に多くのプラスチック製品が溢れていて、数多くの製品を市場に供給することで利便性が向上されています。以前までは金属か木材や粘土が原材料で使われることが主流になっていましたが、これらは特定の形状に成形しようとすると手間がかかってコストが必要であったため、安価な価格で提供できる商品を作り出す過程で石油を原料にしたプラスチックが誕生しました。プラスチックのメリットは軽いのに一定の強度があり、他の材料では成形が難しかった形状も簡単に製造できるようになったということでしょう。このプラスチックを製造するために使われているのが射出成形という機器であり、構造的には石油を原料にしたペレットと呼ばれる粒状の材料を加熱して液状化させ、それを装着している金型に流し込んで固めることでどのような形にもできるという仕組みになっています。

射出成形に使われる金型は金属を原料にした製品にも活用されていますが、金属製品の場合は板状になった金属板を曲げたり切断する程度しかできませんが、プラスチックの場合はどのような曲線も原則的には可能であり、材料を変えれば利用範囲が拡大していくので、これからも利用頻度が高くなっていくのは間違いありません。近年は射出成形でのペットボトル製造が増加していますが、その仕組みは他の同種の製品とは異なっていて、ペットボトルのような容器は射出成形で作る場合は内部まで金型を使うと引き抜くことができないため、内部には圧縮した空気や液体を注入して製造します。この仕組みのメリットは外形だけの金型を作ればいいのでコストの低減にもなり、大量生産されてそれほど高い価格設定ができないペットボトルの需要に対応しています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website