工場で活躍する射出成形機の仕組みと用途の範囲

特殊な工具の中には射出成形の機器があり、工場で物作りを行う現場では多用されています。この機器は材料をプラスチックに限定しているものなので、木工品や鉄鋼品ではなくプラスチック製品を作る際に役立ちます。機器本体を確認すると複雑なイメージがありますが、仕組みは意外とシンプルなので導入後には簡単操作で物作りを行えます。射出成形機の仕組みは、本体側に樹脂の材料を投入するスペースがあり、作動させると材料を自動的に熱することにより、固体から液体状に変化させます。

この状態で対象物に対して溶かしたプラスチック素材に圧力を掛けて射出を行う方法で、金型に合わせた商品やパーツ類を作り出せる仕組みが一般的です。本体と樹脂材料を揃えれば作業を行えるのではなく、射出する対象は金型に限定されているので、前もって金型を作成しておくことが必要です。性能の優れた射出成形機では気泡が入ってしまうこともなく、常に一定の精度を保つことができるので、金型さえ整えれば大量生産も可能とします。更に射出後には固める作業と取り出す作業も自動で行える機能性があることから、材料のセットだけを行えば基本は無人でも対応できる便利な機器です。

用途の範囲はプラスチック製品全般になり、複雑な形状であっても金型を精密に制作することで反復利用をしても完成度は高いままでプラスチック製品を製造できます。射出成形の機器は高機能であれば自動で短時間で同一のプラスチック製品を作り出せる機器なので、コスト面や人件費での優位性があることから100円ショップなどで販売されているプラスチック商品などにも採用されています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website