射出成形の基本的な仕組みについて

射出成形は、金型の中に可塑性がある材料を流し込み、固めることで一定の形状を有する製品を作り出すという成形技術です。プラスチックなどの樹脂製品の製造方法として広く普及しており、スマートフォンのボディから調理器具などの日用品、自動車の内装に至るまで、身の回りにあるさまざまな製品がこの技術によって製造されています。射出成形の技術は機械化が進んでおり、通常は射出成形機と呼ばれる工作機械を用いることで生産プロセスは自動化されています。機械化によって注入される材料の量や温度、硬化させる時間などを一定に保つことができるため、同じ品質の製品を大量に生産することが可能です。

射出成形機の仕組みは作りたい製品の種類などによっていくらか異なりますが、基本的な仕組みは共通しています。機械の一方には金型が固定され、もう一方には材料を入れるシリンダーがセットされます。材料となるのは、溶けやすいようにペレット化された樹脂です。この樹脂を投入口から機械の内部に送り込むと、シリンダーの中で加熱されます。

熱を加えられて柔らかくなった樹脂は、シリンダーの先端にあるノズルから雄型と雌型を合わせて閉じられている金型の中に射出されます。すると材料が冷えて固化します。十分に冷えた時点で金型を開けば、完成した製品を取り出すことができます。基本的な成形の仕組みはこの通りですが、用途によってアレンジが加えられることもあります。

たとえば家電製品などの筐体にねじなどを一体化させたい時は、金型の中に金属製品をあらかじめ置いておくインサート成形と呼ばれる技術が用いられます。射出成形の仕組みのことならこちら

Filed under: ビジネス/オフィス, 仕組み, 射出成形Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website