射出成形の仕組みと特徴

射出成形とは、金型を用いた加工方法の一種です。プラスチックなど部品の素材となる材料を熱で溶かして金型に流し込み、型の上で冷却して成形を行うのが主な仕組みです。注射器に入れた液体を送り込む仕組みに似ていることから、射出成形と呼ばれるようになりました。この工法の大きな特徴として、複雑な形状の部品であっても作成可能な点が挙げられます。

多種多様な形状の部品を、素早く連続かつ大量に製造できます。そのため工業製品に限らず、日用品など幅広い分野の製品において利用されています。加工方法の流れとしては材料を溶かし、流し込んで固めた後に取り出し、仕上げ加工を行うのが主な工程です。細かい手順を見ていくと、材料の投入口であるホッパーに粒状の樹脂を入れることから始めます。

粒状の樹脂がシリンダー内にて加熱され液状になれば、射出の準備は完了です。射出部のノズルから送り出された液状の樹脂は、金型内のスプルーと呼ばれる管を通って成形部分へと流入します。樹脂が冷えて固形化したら、金型が開いて成型品が機材の外部へと出てくるため、仕上げ加工として不要な部分をカットして作業が完了するという仕組みです。射出成形に用いられる機器は、サーボモータで動かす電動式と油圧モータによる油圧式、両方を組み合わせたハイブリッド式が主な種類です。

いずれの方式に関しても、材料を溶かして金型に流し込む射出部と、金型を固定する型締部の2つの構造が主体となっている点は変わりません。

Filed under: プラスチック, 仕組み, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website