射出成形という高分子材料成形の仕組み

日常において、私たちは様々なものを利用して生活を送ってきています。それぞれ利用するものについては、いろいろな材質でできているわけですが、その中で現在において最も多く利用されているのが高分子材料です。この事情は、一昔前までは大きく違っていました。昭和30年代頃までは、私たちが日常利用するような器具というのは木や陶器などで出来ていました。

例えば、箸や食器棚などというものも木で出来ていましたし、茶碗なども陶器でできているというのが普通のものでした。現在でももちろん従来のものも利用されていますが、かなりの部分において新たに出現した高分子材料で置き換えられています。高分子材料を利用するためには成形を行う必要がありますが、そのような際に用いられる仕組みが射出成形と呼ばれるものです。射出成形とは、高温にして溶融状態にした高分子を型に入れ冷やすことによって成形をするという仕組みです。

その際の温度というのはそう高くする必要がありませんので、射出成形という仕組みを利用して高分子材料製品を作り出す際にかかるエネルギーというのはそう大きなものではありません。このように原料が安く手に入るということや成形を行う際にあまりコストがかからないということから、高分子材料は安価に作り出されるようになってきています。そのことによって、数多くの利用が生み出されてきました。私たちの身の回りをまわしてみると、多くのところでこの材料が利用されているということがわかります。

Filed under: プラスチック, 仕組み, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website