射出成形のマシンの仕組みと導入するメリット

プラスチック製品を主に製造しているメーカーの工場では、射出成形を行える機器を導入していることが多く、人の手で作ることが難しい範囲を大きくカバーできる便利な加工方法です。通常は使える素材はプラスチックに限定されているものの、取り扱いやすい素材なことと商品として販売できるアイテム数が非常に多いことで幅広く用いられている機器です。射出成形の仕組みは意外と簡単で、本体に取り付けられているホッパーと呼ばれる場所にプラスチックの原材料を投入します。その先には加熱する装置が付けられており、注射器のようなシリンダー内では液体状になり、先端のノズルから溶けたプラスチックを噴射させることが仕組みです。

噴射させるターゲットは装置に予めセットしておく金型が必要です。通常は2枚を1セットとして使う方法になり、隙間を目指して射出成形で金型へと噴射する方法で自由な造形物を作り出すことができる方法です。金型は精密性が求められるので専門会社に製造委託をすることも行われています。射出成型の機器は溶かしたプラスチックを噴射させるだけではなく、その後は冷却をした上で対象物を固め、取り出すまでが基本となる仕組みです。

この方法であれば常に高品質のプラスチック製品を製造することができ、大量生産には非常に向いている機器です。人件費や作業工程も大幅にカットすることもでき、プラスチックの原材料も無駄になることは無いので、仕入れする経費も削減できるメリットがあります。

Filed under: プラスチック, 仕組み, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website