射出成形の特徴と仕組みについて

射出成形は金型を用いた加工法の一つで、主にプラスチックなどの素材を加工する方法として広く導入されているものです。仕組みとしてはまずプラスチックなどの合成樹皮を加熱して溶かしたうえで金型に送り込んだ後、注射器のように押し出していくことで形にしていきのです。押しだたれた先にも形成するためのものがあることが多く、押し出した際に冷却しその形に仕上げていきます。手順は溶かして金型などの型に流し込み、固めたうえで取り出していきます。

最後に細部を仕上げて完成です。この仕組みの最大のメリットとしては成形のスピードがあり、連続して射出成形することで大量生産を実現できる点が魅力といえるでしょう。射出成形機の仕組みは、油圧モーターや電動式などをはじめとした組み合わせたものも存在します。内部には型締部と呼ばれる金型をセットする部位と材料を入れるための投入口があり、最近の製品の多くはコントローラーで必要個数をセットしオートメーションで製造するものが増えています。

使い方の注意点をあげるとすると溶解された材料がきちんと必要な部位に流れ込まないと失敗してしまうため、溶解される素材の粘性や流動性などを事前にチェックしましょう。また精度の高い製品を作る場合は含みのため、精密機械に利用するにはお勧めしません。また温度条件によっては冷却がうまくいかず失敗するリスクもあるため、適切な環境での利用も重要なファクターといえます。

Filed under: プラスチック, 仕組み, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website