シリコンを用いた射出成形の仕組み

日本は世界屈指のモノ作り大国と言われており、以前から中小企業では金型の製造をなされてきました。精密機器などの場合、大量生産をする前に必ず金型を作る必要があります。スマートフォンであれば、本体の枠組みでそれを実施しており、数ミリ単位の狂いもない製品を大量に作って市場に投入をされているわけです。昔は職人が手作業で作っていましたが、現在ではコンピューター制御で短時間で型を作ることができます。

現代の工場で実施されているのは射出成形というもので、CADで図面を作ってからコンピューターに入力をします。ここでは簡単に、射出成形の仕組みを見ていくことにしましょう。射出成形の仕組みは昨今話題となっている3Dプリンターと基本構造は同じです。CADで製図を出し、そのデータを入力すればシリコンによって型を作ることが可能です。

以前は金属で作っていましたが、この場合は鋳型をとってからグラインダーで研磨もおこなわないといけません。非常に複雑な工程を重ねるものですが、射出成形なら複雑な仕組みであっても機械が作業をおこなうため、数ミリの狂いもなく作ることが可能です。特に自動車製造工場では重宝されており、今ではデザイン性の高い車体とボディを販売できるようになりました。射出成形はいろんな分野で活躍をしてる技術で、今後もその性能は高まりを見せる見込みです。

産業を支える基盤であり、仕組みを理解することでモノ作りの真髄もわかります。

Filed under: プラスチック, 仕組み, 射出成形

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website