2種類の医療脱毛とフォトフェイシャルの魅力

医療脱毛とは病院で受けることのできる、脱毛施術のことです。とはいえ、入院を必要とする脱毛施術はまずありませんので、クリニックなどの診療所で医療脱毛が行われるのが大半です。施術方法として、レーザー脱毛と、絶縁針脱毛の2種類が存在します。この他ではフォトフェイシャルという、シミやシワの治療が可能な光機器で、ムダ毛を取り除くことが可能です。

現在の医療脱毛の主流は、レーザー脱毛です。効率よくムダ毛を処理できる上に、効果の高さが人気を呼んでいます。毛のメラニン色素に反応して、根本にある毛乳頭をレーザーの力で破壊します。その後、自然にムダ毛が抜け落ちるという仕組みです。

成長期の毛によく反応しますので、毛周期に合わせて施術を行うのが基本です。5~6回くらい施術を受ければ、ほとんどムダ毛が目立たなくなります。絶縁針脱毛というのは、針に電気を通すことで、毛の毛乳頭を破壊するやり方です。毛穴に極細の針を通し、毛に直接作用させるのが特徴です。

大変優れた効果を持っており、処理した部分に再び毛が生えてくることはありません。しかし、費用が高額になる、通う回数が長くなりがちという部分も持っています。フォトフェイシャルは脱毛施術を受けるというよりは、顔のシミやシワ治療のついでに顔の産毛などを除去する目的で利用するものです。レーザー脱毛や絶縁針脱毛に比べると、効果は落ちます。

あらゆる皮膚の悩みをいっぺんに解決できるのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *