医療脱毛の特徴と脱毛サロンとの違い

医療脱毛と脱毛サロンは同じだと思ってる人もいますが、両者ははっきりと違うものです。何が違うかというと、医療脱毛は医療機関で行われる脱毛であるのに対して、脱毛サロンは民間の脱毛ができるエステサロンのことです。医療機関では医療行為を行うことができますが、エステサロンでは医療行為を行うことができません。そして、医療行為ができる医療機関では永久脱毛ができますが、医療行為ができないエステサロンでは永久脱毛を行うことができません。

両者にはこうした大きな違いがあるのです。ちなみに、永久脱毛を行うためには毛根を死滅させなければなりませんが、この施術は医療行為と見なされます。よって、永久脱毛は医療脱毛でしか行うことができません。他にも、医療脱毛と脱毛サロンには違うところがあります。

それは、万が一のトラブルが起きたときの対処能力です。医療機関には医学に詳しい医者や看護士がいて、あらゆる状況に対応できる設備や機器が整えられているため、トラブルや緊急事態にも機敏に対応することができますが、脱毛サロンにはプロの医師もいなければ医療器具は設備も整えられていないので、緊急なトラブルに対処することができません。こうしたトラブルに対する対象能力といった点でも、医療脱毛脱毛サロンには違いがあります。また、医療機関では高度な技術と高出力な機器を使って施術ができるので、脱毛が早く終わりますが、脱毛サロンでは技術が弱く高出力な機器も使えないので、脱毛完了には時間がかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *