永久脱毛がもっとも肌への負担が少ない

永久脱毛というと、毛穴に特殊な針を刺して毛根の細胞を破壊したり、ムダ毛のメラニン色素に反応する光を照射して毛母細胞にダメージを与えたりしますので、肌への負担が強いのではないかと心配する人も多いようです。しかし、実際には施術中に周辺の皮膚に影響を及ぼすことはほとんどなく、きちんと処理を行えばその後のお手入れが必要なくなりますので、かえって良い状態をキープすることができます。永久脱毛の最大の利点は繰り返しムダ毛の処理を行わずに済むことであり、処理を行うことで肌コンディションを向上させる方法もあります。永久脱毛後は、毛穴がその役目を終えて少しずつ閉じていきます。

毛穴が閉じると目立たなくなってキメが整いますので、見た目の美しさが引き立ちます。毛穴が活動をしていると、脱毛をしても閉じることがありませんので、なかなかキメ細かな肌を作ることができません。また、短期間のうちに何度も処理を行っていくうちに角質を傷つけてしまったり、埋没毛を引き起こすこともあります。角質に傷がつくと皮膚を厚くして守ろうとする防御反応も働き、かたくなることによって潤いや水分の保持が難しくなるという問題点もありますので、角質を良い状態に保つことはとても大切なことです。

一時しのぎの方法で処理しなければならない場合には、皮膚に傷をつけないように十分注意をしなければなりません。また、処理後の回復を早めるために、保湿を徹底します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *