法律にも規定がある永久脱毛のルール

永久脱毛は、クリニックのサービスとしてそのように名前をつけているわけではなく法律的にこのようなサービスを前提として規定しているものが存在します。そのため、永久脱毛を行うときには法律に従ったルールで行わなくてはいけません。これに違反して勝手な判断で永久脱毛をしてしまうと罪に問われることになります。近年は、市販でも手軽に体毛の処理が出来る製品が登場しています。

では、このような製品と永久脱毛で利用される機器にはどのような違いがあるのでしょうか。基本的に、市販で発売される光脱毛の機器は医療で使われるレーザーよりも威力を非常に小さくしています。なぜこのような状態にしているのかというと、威力を高めすぎるとそれを利用する人が大きなケガをしてしまいかねないからです。レーザーを利用した脱毛は、特定の波長のみを採用しているため特定の物質にしか反応を示しません。

しかし、その物質が含まれているものならば体毛でなくても反応することになるため、患部に照射されると火傷の症状が見られることになります。反対に、光脱毛のほうは波長を複合的に合わせているためそれほど威力は高くありません。素人が利用しても肌に対して余計なダメージを与えないため、安心して利用することが出来るのです。こうしたレーザーや光の制限に関する問題は法律的な規定と無関係ではありません。

医療機器を使用した脱毛は法的に資格を持った人物に限定をして施術が出来るようにしているため、安全面が確保されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *