ハイジニーナ脱毛のデメリットとは

ハイジニーナ脱毛とは、いわゆるアンダーヘア周辺のムダ毛を処理することを指します。

常に処理をしておくことで生理中でも衛生的でいられたり、雑菌が繁殖して臭いを発するリスクを軽減できたり、ムダ毛のはみ出しを気にすることなく下着や水着のデザインが得裏ベルなど多くのメリットが存在するので、欧米では当たり前のマナーとして定着し、日本でも徐々に人気が高まりつつあります。多くのメリットが期待できるハイジニーナ脱毛ですが、逆にデメリットといえばどんなことなのでしょうか。ハイジニーナ脱毛におけるデメリットして最も大きいのは、処理をする際の痛みです。

VラインやOラインはそれほど痛くないとされていますがIラインは毛が太くしっかりしているのと、色素が沈着している部分でもあるため医療脱毛でのレーザーやエステサロンでの光脱毛においてもメラニンに反応させて照射していくという方法で処理していくため、色素沈着をしているIラインは痛むことが多いのです。

ただ、サロンによっては麻酔クリームを塗ってくれたり無痛で行うことを保証してくれているサロンなどもありますので痛みに弱い人はそういったサロンで施術を受けるのが良いでしょう。また、完全につるつるにしてしまうと、温泉や銭湯などでは周囲の人にびっくりされてしまうこともあります。その他に、もし少しだけ毛を残して処理していくことを選んだとしても、最初のアンダーヘアの形を決めておかないと後で変更ができませんのでやり直したいと思ってもできないということもあります。このように、メリットがある反面でデメリットも存在しますが施術前に事前にカウンセリングをしっかりと受けておくとクリアできることもありますので検討してみてはいかがでしょうか。
名古屋の医療脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *