日本にある脱毛の種類

日本での脱毛は、最近はエステやクリニックなどのフラッシュやレーザーなどが主流になりつつありますが他にもあります。

現在は珍しくなったのがニードル脱毛です。ニードルは光脱毛が出来ない部分や反応的に毛が濃くなったときに利用するとよいです。メリットとして色素沈着している部位でも可能で、反応性に毛が濃くなることがありません。ただ手間がかかるため料金も高くて広範囲だと難しく、痛みがレーザーよりも強いです。また施術の技術力によって違いがあり火傷や色素沈着の恐れもあります。

サロンなどではワックス脱毛もあります。皮膚に専用のワックスを直接塗ってから一気に剥がして、毛根からムダ毛を抜き取ります。やり方は簡単ですが肌への負担は大きいです。簡単な方法なので手間がかかりませんが、敏感肌だと肌トラブルになることもあります。ワックスは自宅でも可能で、他にも自宅だと脱毛器があります。手軽に購入できる安価なレーザー機器もありますが、出力などが法律で規制されているのでエステや医療機関と違って効果がないことも多いです。

家庭用の機器のメリットは自宅で好きな時にいつでもケアが出来る事です。最近は、男性でもムダ毛を処理する人が増えています。日本にはたくさんの種類や方法がありますが、光やレーザーが主流となりつつあります。ニードルやワックスを使うのは少なくなっていて、早くて安全に行えるものが人気が高いです。様々な人が行うようになってきたため方法も色々ありますが、毛質や毛量、痛みや肌の色にタイプ、行う時間など自分にあった方法を選んでいくとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *